熊本県を中心に福岡県・宮崎県をはじめ九州一円で清掃管理、設備管理、マンション管理、新築・リフォーム工事、事業開発を提供いたします

総合ビル管理の株式会社アスクメンテナンス

お電話での御見積り・お問い合わせは0120-191-198、営業時間は10:00~17:30(日・祝定休日)

熊本本社 熊本本社

〒860-0027
熊本市中央区西唐人町28

Tel 096-326-1911

Fax 096-326-1994

福岡支店 福岡支店

〒812-0029
福岡市博多区古門戸町1-1
日刊工業新聞社ビル8F

Tel・Fax 092-271-6020

現場で働く人々

「感謝の心」を忘れず、「すぐに、きちんと、ていねいに」行動を!

現場で働く元気なスタッフの声をお届けします。

入居者が安心・安全に暮らせるために

マンション管理業務

 わたしたちの業務において、マンション管理組合との連携は欠かせません。毎月の会議への資料提出、総会への参加など定期的なものをはじめ、何か起こった日には理事長へ日報を提出したり、ロビーに掲示板を設けて広くお知らせするなど、こまめな報告を心がけています。

 基本的な業務はマンション共用部分の管理ではありますが、専有部分のトラブルなどのご相談に乗ることもあり、業者を紹介したり応急処置をしたりしています。

 また、親御さんがお留守の時にお子さんが帰宅されたら1階ロビーまで入れてあげたり、日曜・祝日など休みの日でも緊急時にはお電話をいただければ対応するなど、ご家族が安心・安全に暮らせるよう配慮しています。

清掃スタッフだって「笑顔」と「あいさつ」が大事

清掃管理業務

 「イオンモール宇城」をはじめ、宇城・八代地区のショッピングセンター・病院・各種施設の清掃スタッフの管理が主な仕事です。

 仕事中、スタッフに心がけるよう言っていることは、「笑顔」と「あいさつ」。掃除するのが仕事ですが、掃除に没頭しすぎると表情が険しくなりがちです(笑)。私たちは「アスクメンテンナンス」の社員ではありますが、「イオンモール」で働いているうちはお客様から「イオンモール」のスタッフとして見られますので、お客様に不快な思いをさせないよう、気軽に声をかけてもらえるよう、意識しなければいけません。

 また、「アスクメンテナンス」が目指す「ありがとうと言ってもらえる会社」になるため、「ありがとう」を言うようにしています。お客様が「ここ汚れてるよ」と教えていただいたら「すみません」ではなく「ありがとう」。自分の仕事が人のためになっていることは喜びであり感謝です。はじめはアルバイトだった私が約3年で正社員に登用され、この仕事に就けたことにも感謝しています。

 かつて私個人が感銘を受けた言葉に「頼まれごとは試されごと」というのがあります。「アスクメンテナンス」のお客様、またその施設をご利用になるお客様のご要望にお応えしていけるように毎日がんばっています。

「ほう・れん・そう」で情報共有→すぐに解決

清掃管理業務

 「イオンモール熊本」と、それに隣接する温泉施設「水春」、周辺地域のショッピングセンターや病院などの清掃スタッフ総勢60名以上の管理をしています。2年弱のアルバイトののち正社員になり、数年でこのような責任ある現場を任せていただいています。

 さまざまな場所で、昼夜を問わずスタッフが働いていますので、「ほう・れん・そう」(報告・連絡・相談)が大事です。日報や連絡帳を通して、日々の問題点、気付いたことの情報を共有し、お客様のお困りごとを「すぐに、きちんと、ていねいに」解決できるよう心がけています。「アスクメンテナンス」の社員は施設を巡回する機会が一番多いので、本来の業務範囲ではなくても、例えば「2階トイレの電球が切れている」などを管理者に報告したりもしています。

 スタッフの多くは20代の女性で、明るく活き活きと働いています。女性の利用者が多い場所を清掃していますので、トイレや授乳室、フードコートなどの巡回頻度を多くするなど、女性の目線を大切にしています。

 もちろん男性のありがたみも忘れてはいませんよ(笑)。力仕事や機械の操作は男性の方が得意ですので、適材適所・向き不向きを考えながら、スタッフ一丸となって作業にあたっています。

工場のラインを止めないよう、天気を見ながら空調管理

設備管理業務

 精密機器の工場に2002年からかれこれ10年以上、常駐勤務しています。ここでの主な仕事は空調管理です。この工場の生産品は温度・湿度に敏感なので、全部で7つある工場棟の室内を温度25度・湿度50%に保たなければなりません。

 毎日、各動力棟を巡回点検するのですが、夏や冬は外の気候によって室内環境が大きく左右されるので、温度・湿度のコントロールには神経を使います。また、雷などの悪天候時も気が抜けません。そういう過酷な状況下ほど、巡回の数を増やさなければなりません。

 天候の急激な変化による不良生産やライン停止は、工場にとって莫大な損害となりますので、わたしたち技士の責任は重大です。

 また、運転日誌のデータを収集・分析して、少しでも省エネになるような提案をしたりもしています。機械や配線のレイアウトなどのひと工夫で電力使用量を抑えることができます。

ページ上部へ